"受託ソフト開発会社は、もう終わり!"を覆すためには"自前の技術者評価育成"体制の"再"構築以外はない!

トラックバック(0)

 先日、いささか "衝撃的な内容" のサイト記事がありました。

受託ソフト開発会社は、もう終わり! 受託ソフト開発会社は生き残れないといった爆弾発言が "業界トップ" 層から表明されたというものです。

 ◆ 参照 「受託ソフト開発会社は、もう終わり!? 国内中心に事業展開する各社の業績は超低迷!」( AdhocBlog 2011.06.02

 確かに(受託)ソフト開発会社は、現経済環境の中でまともに "逆風" を喰らっているかと思われます。
 詳細は措くとして、グローバリズムやクラウド・システム、そしてプラットホームをベースとした "アプリ" 流通環境などの影響下で、個別ソフト開発のマネタイズ(収益化)可能性は想像を絶するほどにシュリンク(圧縮)されていることは周知の事実でしょう。

 こうした実情から、"受託ソフト開発会社は、もう終わり!" と発言することはある意味では当を得ているのかもしれません。
 しかし、結論を急ぐ前に、山積する問題群の中で、一貫しておざなりにされて来た問題に再度目を向けてみる必要がありそうです。

 われわれは、スティーブ・ジョブズ氏を見上げる前に、社内の "IT ソフトウェア技術者" たちが、"技術力" を "ビジネスとして" 培っているのかどうか、その一点をこそ吟味すべきかと思います。

 何も、"IT ソフトウェア技術者" が "手揉み" する営業マンであれと言っているのではなく、徹頭徹尾 "ユーザーニーズ" に "鋭敏" でなければならないということなのです。

 端的に言って、(派遣・受託)ソフト開発会社は、"ユーザーニーズ" の問題は "ユーザーサイド" の問題だ! と "仕分け" して来たはずです。
 こうしたスタンスのソフト開発会社と、その "IT ソフトウェア技術者" たちに見合った "ビジネスチャンス" を見つけることの方が、この時代環境では難しいと言えるのではないでしょうか。
 ここに、"受託ソフト開発会社は、もう終わり!" という発言の真意がありそうです。

 ところが、"ユーザーニーズ" に "鋭敏" な "IT ソフトウェア技術者" たちは簡単には育成されず、また "ヘッドハンティング" も困難(自覚した技術者は "スタートアップ=企業" するはず!)を極めるからです。
 これからのソフト開発会社に "必要なインフラ" は、"自前で" (この分野の "アウトソーシング" なぞは論外!)、こうした "IT ソフトウェア技術者" たちを "評価・育成する社内体制" 以外にはない! と確信できます。
 "そんなこと、今頃やってられない!" と啖呵を切る会社こそが、"もう終わり!" への轍に引き込まれるのではないかと思われます......。

 時節がら "キワドイ表現" をさせていただきましたが、ご共感いただけましたら、是非とも下記サイトをご参照ください。

 ◆ 参照  更新記事:「"ソーシャルメディア(SNS)" 時代と企業の人事問題」へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "受託ソフト開発会社は、もう終わり!"を覆すためには"自前の技術者評価育成"体制の"再"構築以外はない!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://search.adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/1945

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

P R



関連サイトへのリンク

月別アーカイブ