photo credit: Allshots Imaging via photo pin cc

Search! 外に向かって「探すこと」と自身の内側で気づくこと!

 「探すこと」に慣れ切ってしまっている私たち。関心のある事柄や、欲しいモノについての情報は、言うまでも無く「ネット検索」で探したりします。結構、役立つからクセになったりもしています。
 また、何かいい事はないか、トクになることはないかと、周囲に向けた眼差しはいつも何かを「探す」ことで精一杯。
 確かに、私たちの外側の環境(市場社会に情報社会......)には、目新しいモノや情報が溢れていて、価値あるものや素晴らしいものも少なくありません。そんな、自分の外側にあるものを「探すこと」は、幸せになるための秘訣かもしれません。

 ただ、そうしているうちに、自分にとっての素晴らしいものは「外側にしかない」と錯覚するようになるのは奇妙なことのように思えます。自分の「外側にある」と思える素晴らしいものを感じ取ったり、評価したりする能力は、実は、自分の「内側」にあると考えられるからです。むしろ、そうした能力こそが、何よりも価値あるものだと言えるのかもしれません。
 しかし、何はともあれ、「探すこと」は限りなく「外側」に向かって止むことを知りません。「自分探し」のように「内側」に向かって潜行することは難し過ぎるということもありそうです。
 「外側に向かって探す」ことの意味を誰も疑わない現代という時代にあって、自分の「内側」とのリンクが切り離せないはずの「探すこと」について、目を向けてみたいような気がしています......。



2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

P R



関連サイトへのリンク

月別アーカイブ